Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

介護福祉士とは

介護福祉士の資格は介護職の中でも、唯一の国家資格です。介護福祉士の資格を取得すれば、資格手当もつき、職場での好待遇に期待がもてるなど就職や転職にも有利に働くだけでなく、国家資格を取得する中で介護用語を学び、自らのスキルアップにもなります。このように取得後は多くのメリットがあり、介護業界で働くなら取得したい資格のひとつです。今回は、介護福祉士の概要やメリット、資格取得方法について紹介します。

介護福祉士の位置づけ

介護業界においての社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士は、三大国家資格として位置づけられています。1987年に制定された、社会福祉士および介護福祉士法に基づいた国家資格になります。
仕事内容は、日常生活が困難な高齢者や障がい者に、介護や援助をおこなうことを目的としています。さらに介護だけではなく、利用者の生活全体を支え、自立に向けたサポートを利用者とその家族と一緒にすすめていきます。このような場面では、実践力が求められ、また、チームケアの一員として他機関との連携を図ることもあります。その際に役立つ幅広い知識や技術がこの資格では学べるのです。今後の介護福祉士に求められる役割は、より専門的なスキルを保持している人です。

介護福祉士になるメリット

介護福祉士のメリットは、主に資格手当をもらえることです。施設や事業所では、資格取得者に対する資格手当があります。最近では、2017年より介護職員処遇改善加算が変更されました。この加算方法では、介護職員1人当たりおよそ月額3万7000円を受けとることが可能になりました。受けとれる要件は、経験若しくは資格等に応じて昇給する仕組み、または一定の基準に基づき、定期に昇給を判定する仕組みを設けることと定められています。
就職に有利な介護福祉士は、介護のプロフェッショナルになれた証拠につながり、即戦力として求められる人材です。事業所に必ず配置しなければならないサービス提供責任者にもなれるので、就職や転職にも有利に働くでしょう。キャリアアップに必要な資格である介護福祉士の資格は、介護業界で生き残るための手段です。また、介護職の上位資格である認定介護福祉士を目指す人にとっても専門性を高めるきっかけにもなります。さらにケアマネジャー試験をうけるためにも必要な資格であり、介護福祉士の取得後に5年以上実務経験が必要になります。

ユーキャンの介護福祉士講座は、介護の現場で働きながら合格を目指す方に支持されています。受講生の約90%が仕事をしながら学習をしています。

  • ユーキャンの介護福祉士講座は、実務者研修の修了と国家試験対策ができ、効率良く学習がすすめられます。
  • 引用元:ユーキャンの介護福祉講座

おすすめの資格

資格をとってスキルアップ!
資格をとってスキルアップ!
介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護業界で働く新人の入門取得資格といわれています。資格を得ることで、高齢者との接し方が学べ、資格保有者として給料アップ、キャリアアップにもつながります。介護の資格を取得していれば職場に困りません。自分の将来のために取得して損はない介護職員初任者研修について紹介します。

続きを読む

特集カテゴリ

お知らせ